今の時代の悲しいと思うこと

今はインターネットがあるからなんで調べることができる。それこそ昔の人って何も知らない状態だったんだと思うとすごく不思議な感情になる。

海の向こう側には何があるんだろうか。言葉だってなかったし、言いたいこと、伝えたいことをどのよにすればわかってもらえるのか?
考えてみただけでわくわくしませんか?海ってそもそもなぜしょっぱいのか、、、。なぜ太陽は上がって夜になればお月さんが出てくるんだろう。

言うならば疑問の連発みたいなもの。そこから何かってわからないけど。学びたい!知りたい!と勝手に出てくると思う。

今はすべてをわかっているから何も言うならば勉強することなんてない。それは模倣であり、ただの暗記でしかないからだ。

そんなことに何の意味があるんだろう。時代が残してきたものが立派すぎて今を生きるって本当に幸せなことだと。

日本なんて特になんでもありますから。したいことは働ければ基本はできる。

感情的にしんどくなることがあっても、先人達が残してくれたもの、繋いでくれたものを考えると自分一人だけの命じゃないって本気で思えてきた。
みんながつないできた尊いバトンを持って走りきらないとな。

時間という波!スリムボディプロジェクトも

時間をもった目標設定はできるだけやらないほうがいい。例えば受験勉強で言うと、、

2時間英語の勉強をして、3時間数学をして!どうでもいい時間設定にするぐらいなら他にすることがある。
それは詳細の設定方法。英単語30個覚えるとかより実践の中で得ることを想定した目標設定

1時間で覚えることができるならそれで終わったらいい。そんなニュアンスで私は物事を進めるようにしている。
だって手に入れるべきことは達成感、やった感を感じることよりも、何をして、何を覚えたかという結果でしかないからだ。

もうこんなことを言っても仕方がないのかもしれないが、大人になってからも時間を気にする。

8時間労働っていう言葉があるけど、あれ自体間違えているようでならない。

だって何時間とかどうでもいいじゃないですか。一応あの時間帯を設定することが世間的に見ればアベレージを保てるとでも思っているのでしょうか?

やらないよりやってみてミスだと判断した方が良い。

大丈夫かなって思った時点で人生なら一度やってみたらいいぐらいだ。

ニュアンスよりも間違えるなってことかな深く言えば(笑)まだまだ未発見だ